婦人

正しく行うことが大事です

化粧品

順序と時間を守ることです

スキンケアは正しい順序で行わなければ、化粧水に含まれる成分や保湿クリームから引き出される効果を十分に出すことができなくなります。ではどのような順序でスキンケアを行えば良いのかといいますと、洗顔をした後は、化粧水、保湿クリーム又は乳液という順番で良いのですが、洗顔をした後は30分以内に化粧水をつけなければ化粧水の効果は半減してしまうといわれています。洗顔した後はすぐに化粧水をつけることで、肌に水分を与えることができます。そして人によっては保湿クリームや乳液をつけずにスキンケアを終えてしまうことがありますが、それはかなりもったいない行為となります。なぜなら化粧水だけでは、肌につけてもしばらく経てばその水分が肌から逃げて蒸発してしまうからです。水分を逃さないようにするために化粧水の後は保湿クリーム又は乳液を付けなければなりません。保湿クリームや乳液は油分で、化粧水のあとにつけることで化粧水の水分を肌から逃さずカバーする働きを行います。しかし、化粧水を付けた後にすぐ保湿クリームや乳液をつけても意味がありません。すぐにつければ化粧水と保湿クリーム又は乳液がまじりあって、水分を油分で弾いてしまうからです。化粧水をつけてから3分ほど経って、肌にしっかりなじませてから保湿クリーム又は乳液をつけるのが良いとされています。時間とつけかたの順序をしっかり守りながら行えば、正しいスキンケア方法を行うことができ美肌を維持させることができます。